BUSINESS

事業内容

▶ナンバー2育成・研修

クリニックのナンバー2である、管理職やリーダーに必要なスキルや知識を習得するための育成研修を行います。クリニックスタッフのマネジメントにおいて、必要なスキルを体系的に研修を致します。ニーズに合わせてオリジナルの研修プログラムを構築し、クリニックの経営課題や業務の改善を解決致します。また、マネジメント業務では採用から定着の為の施策研修から、日進月歩である、医療DXのITツール、Googleアプリの研修、HP・WEBを最大限に活用した集患施策研修まで、広く深く研修をさせて頂きます。一方的に研修を行うのではなく、受講側の熟知の状況とフィードバックを踏まえ、プログラムを改善して、研修を進めて行きます。管理職やリーダーが自ら成果を出し、クリニック組織の生産性を高められる事で、モチベーション向上にもつながります。

1.ナンバー2育成研修とは何か?

クリニックのナンバー2である、管理職やリーダーに必要なスキルや知識を習得するための育成研修を行います。クリニックスタッフのマネジメントにおいて、必要なスキルを体系的に研修を致します。ニーズに合わせてオリジナルの研修プログラムを構築し、クリニックの経営課題や業務の改善を解決致します。また、マネジメント業務では採用から定着の為の施策研修から、日進月歩である、医療DXのITツール、Googleアプリの研修、HP・WEBを最大限に活用した集患施策研修まで、広く深く研修をさせて頂きます。一方的に研修を行うのではなく、受講側の熟知の状況とフィードバックを踏まえ、プログラムを改善して、研修を進めて行きます。管理職やリーダーが自ら成果を出し、クリニック組織の生産性を高められる事で、モチベーション向上にもつながります。

・クリニックのナンバー2である管理職やリーダー向けの育成研修を提供
・スタッフのマネジメントに必要なスキルを体系的に研修
・ニーズに合わせたオリジナルの研修プログラムを構築し、経営課題や業務の改善を解決
・採用から定着のための人事戦略研修
・医療DXに関わるITツール、Googleアプリの研修
・HP・WEBを最大限に活用した集患施策研修
・受講者のフィードバックを受けて研修プログラムを改善
・管理職やリーダーが成果を出し、クリニック組織の生産性を高めることで、モチベーション向上につながる

2.ナンバー2育成研修のメリットとは?

クリニックの管理者にとって、経営業務や人事マネジメント業務の遂行は非常に重要です。しかし、クリニックの経営者である院長先生は孤独です。信頼できるナンバー2がいる事で、経営まわりのコア業務を協業することが可能となります。ナンバー2として、クリニックで求められる専門的知識だけでなく、マネジメントスキルやリーダーシップスキルも必要となってきます。このような問題を解決するために、クリニックの管理者に向けた育成研修が必要となります。院内学習、自己学習では得られない領域を、育成のプロからコーチングを受けるメリットは大きいです。

具体的なメリットとしては、まず経営的視点やマネジメントスキルの向上が挙げられます。研修では、クリニックの経営に必要な知識や、業務プロセスの改善方法、人材育成など、実践的な内容を徹底して緻密に提供させて頂きます。これにより、ナンバー2である事務長はクリニックの将来について考えることができ、スタッフに対して適切な指示やフィードバックを行うことができます。

また、研修内容には、実際にあるクリニックで起きた失敗事例や成功事例を交えて、ノウハウを提供するため、より実践的に学ぶことができます。これによりナンバー2である事務長はクリニック経営に必要な知識やスキルを、短期間で身につけることができます。加えて、研修を通じて自己分析や視野の拡大が促されるため、自己成長につながります。

さらに、研修中で得た知識やスキルを院内で共有し、より効果的な意見交換ができるようになるため、院長先生やスタッフとのコミュニケーションを深める事もできます。組織活性につながります。これにより、クリニック組織全体の意識向上やチームワークの強化が図られます。以上のように、クリニックの管理者育成研修は、クリニックの成長や発展に必要なスキルを習得することができる重要な場となります。

3.ナンバー2育成研修の重要性

クリニック経営に携わるポジションとなった場合、スタッフの管理やクリニック施設運営の管理、患者さん対応など様々な業務が求められます。ナンバー2である事務長育成研修が重要となるポイントとして、具体的には経営理念やビジョンの策定、人材育成やマネジメントの技術、問題解決の方法などを身につけることにあります。専門のコンサルタントによる研修では、時間をかけずに効果的に管理者のスキルアップが図れる為、日々の業務と平行しながら体系的に学習できます。管理者育成研修を通じて得られた知識やノウハウを活用して、医療機関の業務改善や成功に繋げることができます。
更に、チームビルディングは、クリニックのチームメンバー同士の信頼やコミュニケーションの向上、協調性や問題解決力の向上などを促進することで、チームのパフォーマンスを向上させることが重要とされております。チームビルディングを行うことで、個人のスキルや能力だけでは解決できない課題や問題に対して、チーム全体で取り組むことができるようになる為、クリニック運営では欠かせません。また、スタッフ同士お互いを理解し、協力しあうことでモチベーションやチームワークが向上し、ストレスの軽減にもつながります。さらに、チームメンバーが互いに尊重し、お互いの強みを活かせる環境を作ることで、チーム全体の生産性や創造性が向上することも期待できます。チームビルディングは、クリニックが1つのチームとしての成功に欠かせない重要な考え方となり、ナンバー2である事務長にとって必要不可欠となります。

4.ナンバー2育成研修の種類

リーダーシップ研修

リーダーシップ研修では、リーダーとしての考え方やスキルを向上するための研修です。クリニック経営において、院長やマネージャーがリーダーシップを発揮することは非常に重要です。リーダーシップ研修では、ビジョンの設定、目標の達成、チームのマネジメント、モチベーションの向上などについて学びます。リーダーシップ研修は、組織の中でリーダーとなる人材に対して、リーダーシップ能力を高めるための研修です。クリニック経営においても、院長先生をはじめとする医療従事者がリーダーシップ能力を身につけることで、組織運営を円滑に進めることができます。

<研修のテーマ>
– リーダーの役割: リーダーシップとは何か、リーダーにはどのような役割が求められるのかを理解する為の研修

– チームビルディング: チームメンバーの意識統一や信頼関係の構築、コミュニケーションの改善する研修

– モチベーション向上: スタッフのモチベーションを高め、業務に対する意欲を引き出す為の研修

– 問題解決力の向上: 問題が発生した際に、的確なアクションを起こすために必要なスキルを身に着ける為の研修

– コーチングスキルの習得: スタッフの能力開発やパフォーマンス改善に向けたコーチング習得の為のスキル研修

– 人材育成: スタッフのキャリアアップや成長を促進するために、効果的のある研修プログラムの提供

コミュニケーション研修

コミュニケーション研修では、院長やスタッフ間においてのコミュニケーション能力を向上するための研修です。クリニック経営においては、スタッフ同士のコミュニケーションが円滑であることが求められます。コミュニケーション研修では、コミュニケーションの基礎、意見の伝え方、相手へのアプローチ方法、フィードバックの受け方などについて学びます。コミュニケーション研修では、クリニック運営においてスタッフ間の潤滑油の役割になります。また、内部に限らず対外的にも、必要不可欠となります。具体的には、取引業者さんとのコミュニケーションや、患者さんとのコミュニケーションに役立ちます。

<研修テーマ>

– スタッフ間のコミュニケーションを改善することで、チームワークを強化し、業務効率化につなげることができます。

– 患者さんとのコミュニケーションを向上することで、信頼関係を築き、患者満足度の向上につなげることができます。

– コミュニケーション研修では、コミュニケーションの基本的なスキルだけでなく、聴取力やフィードバックの方法なども学ぶことができます。

– 研修を通じて、スタッフが自己開示しやすい環境を作ることで、コミュニケーションの質を向上させることができます。

– 研修の後には、実際に習得したスキルを実践し、その成果を定期的に評価することが重要です。

<コミュニケーションと接遇について>

コミュニケーションと接遇については、どちらも人とのコミュニケーションに関係していますが、異なる概念です。コミュニケーションは、相手と情報をやり取りすることを指します。伝えたい意図や目的を相手に伝え、相手からのフィードバックを受け取ることで、共通理解や共感を生み出すことができます。コミュニケーションは、相手との関係性を深めるために必要なスキルであり、医療現場においては、患者さんやその家族とのコミュニケーションが非常に重要な役割を果たします。

接遇は、相手を受け入れる姿勢や心構えを指します。相手に対して敬意を払い、親切で丁寧な態度で接することが求められます。医療現場においては、患者さんやその家族に対して、不安を解消するために親身になって話を聞いたり、慰めたりすることが必要とされます。つまり、コミュニケーションと接遇は、それぞれ異なるスキルや姿勢が必要とされる概念であり、相手とのコミュニケーションを円滑にするためには、両方をバランス良く持ち合わせることが重要です。

プロジェクトマネジメント研修

プロジェクトマネジメント研修は、プロジェクトを成功に導くための研修です。クリニック経営においては、新規事業の開発や改善プロジェクトなどに応用できます。プロジェクトマネジメント研修では、プロジェクト計画の立て方、課題の特定と解決、チームビルディング、コミュニケーションなどについて学びます。プロジェクトマネジメント研修は、プロジェクトの立ち上げから、成功に導くために必要なスキルや知識を身に付けるための研修です。クリニック経営においても、新しい事業や設備の導入、改装工事、マーケティング戦略の立案など、多様なプロジェクトが発生するため、プロジェクトマネジメントのスキルを持つことは重要です。

<具体的な研修テーマ>

– プロジェクトマネジメントの基礎: プロジェクトマネジメントの基本的な考え方や手法、プロジェクトマネジャーの役割やスキルなどを学びます。

– スコープ管理: プロジェクトの目標や範囲を明確に定め、それを達成するための計画を策定します。例えば、新しい設備導入の場合は、どのような設備が必要で、どのような予算やスケジュールで導入するかを決めます。

– スケジュール管理: プロジェクトの期間や進捗状況を管理するためのスキルを身に付けます。例えば、新しい設備導入の場合は、どのような工程が必要で、それらをどのように調整するかを決めます。

– コスト管理: プロジェクトの予算や費用を管理するためのスキルを身に付けます。例えば、新しい設備導入の場合は、どのような費用が必要で、どのようにコストを抑えるかを決めます。

– リスク管理: プロジェクトに伴うリスクを特定し、それに対する対策を考えます。例えば、新しい設備導入の場合は、どのようなトラブルが起こりうるかを予想し、その対策を考えます。

– プロジェクト報告書の作成: プロジェクトの進捗状況や成果を報告するための報告書の作成方法を学びます。例えば、新しい設備導入の場合は、どのような成果が得られたかを報告書にまとめ、ステークホルダーに報告します。

パフォーマンスマネジメント研修

パフォーマンスマネジメント研修は、スタッフのパフォーマンスを向上させるための研修です。クリニック経営においては、スタッフのモチベーション向上や業務効率の改善に役立ちます。クリニックでは女性スタッフを中心とした組織が多いことと、あらゆる世代、職種が連携する性質があります。クリニック組織を活性化させる為のパフォーマンスマネジメントのスキルを学ぶことができます。パフォーマンス研修は、クリニック経営において、スタッフのスキルアップやモチベーションアップを図るための研修であり、経営コンサルタントによる支援を受けることで効果的な取り組みが可能となります。以下に、パフォーマンス研修のポイントを箇条書きでまとめます。

<具体的な研修内容>
– スキルアップ研修: スタッフの業務スキルや専門知識を向上させる研修を実施することで、医療技術の向上や業務効率化を図ります。具体的には、医療知識の研修、診療補助スキルの研修、コミュニケーションスキルの研修などがあります。

– モチベーションアップ研修: スタッフのモチベーションを向上させるための研修を実施することで、業務に対する取り組みやサービス向上につながります。具体的には、チームビルディング研修、リーダーシップ研修、コミュニケーションスキルの研修などがあります。

– 経営戦略に基づく研修: クリニックの経営戦略に基づいた研修を実施することで、スタッフの業務に直結したスキルアップを図ります。具体的には、顧客満足度向上のための研修、経営目標達成のための研修、新規事業展開のための研修などがあります。

– 計画的な研修実施: スキルアップやモチベーションアップには計画的な研修実施が必要です。スタッフの業務スケジュールや繁忙期を考慮し、研修スケジュールを作成しましょう。

– 経営コンサルタントによる支援: 経営コンサルタントによる支援を受けることで、最適な研修プログラムの策定や研修の実施方法の改善など、効果的な取り組みが可能となります。

ビジネスマネジメント研修

ビジネスマネジメント研修は、ビジネスの基本的な知識とスキルを身につけるための研修です。経営戦略、経営資源管理、財務会計、マーケティング手法、医療関係法規、倫理など、経営業務遂行の為に必要な知識やスキルを総合的に学ぶことができます。ビジネスマネジメント研修は、クリニック経営者やスタッフが、経営やマネジメントスキルを向上させるために受講する研修です。

<具体的な研修テーマ>

– 経営戦略の基礎知識
– ビジネスモデルキャンバスの作成
– 経営戦略の策定方法
– ステークホルダー分析の方法

– マーケティング戦略の構築
– ターゲット顧客の特定方法
– セグメンテーションの方法
– ブランド戦略の構築方法

– 資金調達と財務管理
– 資金調達の方法と手順
– 財務諸表の読み方と解釈方法
– 経営指標の把握方法

– 人材マネジメント
– 採用プロセスの最適化方法
– パフォーマンス管理の方法
– チームビルディングのスキル

– プロジェクトマネジメント
– プロジェクト計画の立て方
– プロジェクト実行のためのプロセス
– リスクマネジメントの方法

– 売上と収益の最大化
– 価格戦略の構築方法
– 売上アップのためのマーケティング手法
– コスト削減の方法

– 経営課題解決の方法
– 問題発見と解決のフレームワーク
– データ分析の方法
– 問題解決のためのチームビルディングのスキル

– 経営計画の作成
– 経営計画の立て方
– 実行プランの作成方法
– モニタリングと改善のプロセス

人事労務研修

人事労務研修は、人事や労務に関する知識やスキルを身につけるための研修です。採用や退職、労働法や労働規則、評価制度など、従業員の管理に必要な法律や手続きを学ぶことができます。また、ハラスメントやセクシャルハラスメントなど、職場での問題やトラブルに対する対処法の習得も可能です。従業員を管理する上で必要な知識やスキルを身につけることで、人事労務の業務を適切に行うことができ、スタッフのモチベーション向上や職場環境の改善につながります。人事労務研修は、従業員の雇用・労働条件・人事管理に関する知識やスキルを向上させるための研修です。クリニック経営においては、スタッフの採用や教育、給与・賃金の管理など、人事労務は非常に重要なタスクとなっています。以下に、人事労務研修におけるテーマとコンサルタントの役割について具体的に紹介させていただきます。

<労務研修のテーマ>
– クリニック労働環境に特化した労働法制度や労働基準法の知識の習得
– 医療従事者の採用・選考の基礎知識の習得
– パフォーマンス管理の方法や人事コスト管理の設定
– 人事DX導入と運用方法についての学習

上記のようなテーマを中心に、従業員の雇用・労働条件・人事管理について学ぶことで、クリニック経営者はスタッフの定着率の向上や人事コストの削減など、効果的な人事労務管理を実現することができます。

<コンサルタントの役割>
– 法令遵守を含む、適切な人事労務管理のアドバイス
– 採用や労働条件設定、パフォーマンス管理などのプロセス改善の支援
– 労務管理システムの導入や運用についてのアドバイス
– 働き方改革に関する助言や取り組みの提案

クリニックナンバー2である「事務長の育成、研修」のご依頼は非常に多く寄せられております。経営戦略の立案や現場の問題に対処できる人材の育成・開発を行うことで、院長は更に診療や経営に専念できる環境を得られます。「アウトソーシング事務長」を上手く活用しながら、ナンバー2である事務長の育成を行うことも可能です。課題分析から人事計画の策定まで、悩みを解決し、改善策を提案致します。アウトソーシング事務長を活用して、新規開業や診療所設立、事業承継などを行い、税理士、弁護士、社労士などの専門家と連携を行うことで、経営体制の構築や総合的な支援が実現します。


「その他解決プラン」

スタッフの次々と辞めていく…「退職連鎖防止」

患者さんを増やしてほしい「集患強化」

売上が増えない…「経営強化」

Other Business

その他事業内容

▶事務局代行(委託)

詳しくはこちら

▶経営戦略

詳しくはこちら

▶退職連鎖防止

詳しくはこちら

▶新規開設・分院展開

詳しくはこちら

▶集患マーケティング

詳しくはこちら

▶ナンバー2育成・研修

詳しくはこちら

▶事務長代行

詳しくはこちら
株式会社ジムチョー®