BUSINESS

事業内容

▶集患マーケティング

長年あらゆる立地、様々な条件下の各診療科のクリニック様の集患・増患に携わってきた、実践で培ってきた集患マーケテングのノウハウがあります。“診療科目別”または“集患されたいターゲット患者さん別”に合った最適な提案と実務代行まで一貫して可能です。特にGoogle によるWEBマーケティングを得意としており、瞬発的に効果が見込める集患施策から、コスパを重視した“インハウスによる集患”の為のプログラム構築や、スタッフ育成研修の成功事例も多数ございます。

トレンドでは、各種SNSを活用して、地域に特化した情報提供や無料相談を行うことで、患者さんのニーズに合わせた施策を実施。さらに、システムの構築や分析を行い、より効果的なマーケティング戦略を提供しています。経験豊富なコンサルタントが院長やスタッフと協力し、クリニックの集患力を劇的に向上させます。

1.集患・増患コンサルティングの重要性

クリニックにおいて集患・増患コンサルティングは非常に重要です。クリニック経営において、患者さんが来院してくださることが最も重要な要素となっています。しかし、競合するクリニックが多く、患者さんの選択肢も多岐に渡るため、集患・増患施策は欠かせません。クリニックのウェブサイトやSNSを活用したマーケティング戦略や、地域に特化した情報提供、医療情報発信の実施、専門的な医療情報の発信など、患者さんのニーズに合わせた支援が求められます。また、システムの構築や分析を行うことで、より効果的な集患・増患施策の展開が可能となります。クリニックにおける集患・増患コンサルティングは、患者さんに対して医療サービスの提供をする上で欠かせない要素であり、経営の成功にも大きく関わってくる重要な取り組みです。

2.クリニックにおける集患・増患の必要性

クリニックにおいて集患・増患を行うことは非常に重要です。競合が激しくなり、患者さんも医療情報にアクセスしやすい現代において、単に待っているだけでは来院されません。理想の医療サービスを提供する為に、適切な集患・増患に力を入れる必要があります。まずは、地域の患者さんのニーズを把握することが大切です。その上で、患者さんにとって分かりやすく、魅力的な情報提供を行うことが集患・増患につながります。具体的には、ホームページの更新やSNSの活用、患者さん向けのセミナーや無料相談の実施、口コミの活用などがあります。

また、医療技術の進化やライフスタイルの変化に対応するため、患者さんのニーズを把握するだけでなく、そのニーズに合わせた新しい医療サービスの提供も必要です。これにより、地域の中で差別化されたクリニックとなり、患者さんの集客につながることが期待できます。集患・増患により、クリニックの経営基盤が強化され、より多くの患者さんに医療サービスを提供できるようになります。しかし、効果的な集患・増患施策を立てるためには、専門的な知識や経験が必要です。そこで、クリニック経営においては、外部の専門家と提携して集患・増患の支援を受けることも有効な手段です。

3.地域特性やターゲットに合わせた集患・増患戦略

クリニックにおける集患・増患戦略において、地域特性やターゲットに合わせる事で効果的でコスパの高い集患がじつげんできます。まず、地域の特性を把握し、その地域の患者さんが求めている医療ニーズに合わせた情報提供を行うことが必要です。また、ターゲットとする患者層によっても、情報の発信方法やコミュニケーションのスタイルが異なります。例えば、高齢者をターゲットにする場合は、SNSやWEB広告よりも、駅看板、電柱看板、チラシ、ロードサイド看板などが一般的には認知されております。このオフライン広告と並行して行う事で効果が高いもに公式LINEによる情報発信があります。高齢者のLINE人口をマーケティングした所、多くの高齢者が友人と家族との連絡用にLINEアカウントを所有しており、日ごろから各ショップでの公式LINEアカウントを活用して情報収集や割引クーポンを活用されております。

一方、若年層をターゲットにする場合は、宣伝したい医療サービスの特性に合わせた、SNS広告やインフルエンサーマーケティングなどのオンライン広告が有効となります。SEO,MEOなどのWEBマーケティングからSNSによる集患・増患戦略においては、マーケティング手法の選択だけでなく、医療サービスの充実や顧客満足度の向上まで一貫して精通している必要があります。たとえば、予約システムの導入や待ち時間の短縮など、患者さんの利便性を向上させることで、満足度の高いクリニックとして口コミでの広がりを生み出すことができます。さらに、患者さんに対する丁寧なカウンセリングや、病気の説明などの情報提供も、信頼感を生み出すために重要です。地域特性やターゲットに合わせた集患・増患戦略を立て、医療サービスの充実や顧客満足度の向上を図ることで、より多くの患者さんに診てもらえるクリニックとなります。

4.WEBサイトの最適化・WEBマーケティング

ホームページなどのWEBサイトの最適化と、WEBマーケティングは、クリニック経営のみならず現代ビジネスにおいて極めて重要な要素です。WEBサイトの最適化とは、検索エンジンでの上位表示を狙い、検索キーワードやコンテンツ、サイト構成などを改善し、アクセス数を増やすことを意味します。一方、WEBマーケティングは、Web上でビジネスを展開するための広告やプロモーション、コンテンツマーケティングなどの手法で、ターゲット層にアプローチし、クリックの認知や医療サービスの需要を喚起することを目的とします。WEBサイトの最適化とWEBマーケティングを組み合わせることで、Web上でのビジネスを成功させることができます。例えば、医療業界においては、クリニックや病院のウェブサイトに集患や増患のための情報発信を行い、ターゲット層にアプローチすることが重要です。最適なキーワードの選定やページの構成、広告やSNSでのプロモーションなど、様々なWEBマーケティングの手法を活用し、より多くの患者さんにアクセスしていただくことが、クリニックの集患・増患につながります。

5.集患コンサルティングの効果的な手法

WEBサイトの最適化はSEOだけでなく、SNSやブログ、メルマガなどを活用したコンテンツマーケティングなど総合的に進めることが重要です。特に、地域に根ざした情報発信を行うことで、ターゲット層にアプローチしやすくなります。SEOで上位表示できるようになると、表示順位の維持の他、MEOの最適化も並行して行う事をお勧めしております。MEO(Medical Engine Optimization)とは、クリニックのウェブサイトを最適化し、検索エンジンのマップ上位表示をするための施策です。MEOを活用することで、患者さんが自然な形で医療機関の位置を認識し、ホームページなどのウェブサイトに導く事ができます。MEOの手法としては、検索エンジンが利用するアルゴリズムに合わせたコンテンツ制作や、キーワードの選定・配置、タイトルタグやメタディスクリプションの最適化、外部リンクの獲得などがあります。MEOを活用した集患コンサルティングは、効果的な集患施策を展開するための重要な手段です。MEOの専門的な知識を持ったコンサルタントが、医療機関のウェブサイトの最適化やコンテンツマーケティングの支援を行い、患者さんのニーズに合わせた効果的な集患施策を展開することができます。

ジムチョーのコンサルタントとコラボレーションをするメリット

・医療機関に特化したコンサルタントによるWEBマーケティングコンサルができる。
・WEBマーケティング手法の手段が豊富な為、クリニックのターゲット層に合わせて最適な集患手法を提供できす。
・クリニックの集患したデータ分析と各種施策の効果測定ノウハウが豊富である事。
・ターゲット患者層に向けた集患戦略のほか、未開拓領域の開拓の為の提案も得意としている。
・提案のみではなく、各種運用代行による豊富な業務経験の実績から、クリニックに合った無理の内容実運用の提案が可能。
・各種比較検討の時間とコストカットが可能。

ウェブサイトの最適化やコンテンツマーケティングに関する作業が効率的に進むため、時間やコストの節約につながります。
コンサルタントが提供するアイデアや提案をもとに、医療機関が新しい取り組みを行うことができます。これにより、競合他社との差別化や新たな市場の開拓が可能になります。

専門性の高いアドバイスの提供が可能

クリニック経営では、業界の独自の専門性と複雑性から、ニッチで高度な知識を必要とするリソースが存在します。弊社では、ブラックボックス化されてきた、クリニックで活用されてきた専門的なノウハウの提供が可能です。各クリニックの現場で場数を踏んできたコンサルタントだからこそ、専門性の高いアドバイスを提供することが可能です。

弊社医業コンサルタントは、クリニックの経営・運営、人材管理、リスク管理、集患マーケティング戦略、そして最も重要な、患者さんのリピート戦略に関連する多岐にわたる課題に対する専門的な知識と経験を持っています。医療に関する最新のリサーチ、規制、技術について常に最新の情報を持つことで、これらの専門的な課題を解決するための有用なアドバイスの提供が可能です。

さらに、弊社医療コンサルタントは、各クリニックに置かれた状況や課題に対して、柔軟に最適かつ具体的な提案が可能です。クリニックごとに、違う課題と患者のニーズに対応するため、一般的な机上の空論やマニュアルに沿ったアドバイスだけでは十分でありません。独自のリサーチと分析を行い、各クリニック、院長先生のニーズと課題に合わせて専門的なアドバイスを提供します。

スタッフ接遇力向上と患者満足度向上の比例関係

スタッフの接遇力向上と患者満足度の上昇の相対関係は、医療コンサルタントの参画によって飛躍的に接遇力が向上いたします。医療業界におけるコミュニケーションは基本であり、これにより患者との信頼関係が築かれます。これは、患者が受ける医療サービスの質を直接的に高めるだけでなく、患者の満足度向上にも貢献できます。

スタッフが患者に対して丁寧な対応をすると、患者は自分が尊重され、理解されていると感じます。これにより、患者の信頼感が増すため、その結果として治療へのコミットメントが強まります。さらに、接遇力が高いスタッフは患者のニーズを正確に把握し、それに対応する適切なサービスを提供できることから、患者満足度は更に向上します。

医療コンサルタントとして、我々の役割はスタッフの接遇力を継続的に向上させる方法を研究し、それを医療機関に実装することです。スキルトレーニング、ワークショップ、教育プログラムを通じて、スタッフはその接遇力を磨くことができます。これが成功すれば、結果として患者満足度が向上し、医療機関全体の品質と評価が上がることでしょう。接遇力の向上と患者満足度の向上は互いに影響を与え合い、一方が高まることで他方も必然的に高まるという比例関係にあります。

オンライン予約システムの構築

近年、デジタル技術の進化は医療界にも影響を及ぼしており、オンライン予約システムの導入はポピュラーとなっております。オンライン予約システムでは、予約機能のみならず、事前問診、顧客管理、情報配信まで一貫して行う事も可能です。いわゆるCRM(顧客管理システム)をクリニック経営にも導入する時代が当たり前となっているといえます。クリニック経営にとって多くのメリットをもたらし、あらゆる課題の解決に一役買ってくれます。

オンライン予約システムは患者にとって、クリニックの受診などの利便性向上につながります。伝統的な電話による予約は、受付時間内であること、通話待ち時間を必要とし、スタッフにとっても患者さんにとっても手間となります。一方、オンライン予約システムは24時間いつでも予約が可能で、パソコンやスマートフォンから簡単に操作できます。これにより、患者は自分の都合に合わせて予約を取ることができ、クリニックへの訪問をスムーズに計画できます。

オンライン予約システムはクリニックの管理効率を向上させます。手動での予約管理は時間を取り、エラーが発生する可能性もあります。しかし、デジタル化されたシステムは自動化され、リアルタイムでの予約状況の把握、ダブルブッキングの防止、リマインダーの自動送信など、手間を省き効率的な運用を可能にします。

さらに、オンライン予約システムは医療機関のビジネスインサイトを向上させる可能性があります。予約データは患者の傾向や需要の分析に使用され、これにより適切なスケジューリングや資源の配置、サービスの改善に役立てることができます。リマインダー機能を使用することで、予約時間を忘れてしまう患者を減らすことができます。これら全てを通じて、オンライン予約システムの導入は、患者の再来率向上、運用の効率化、ビジネスインサイトの提供、そしてキャンセル防止といった多岐に渡るメリットがあります。

※CRM(顧客管理システム)
CRM(Customer Relationship Management、顧客関係管理)とは、クリニックが顧客との関係を最適化し、ビジネス成果を向上させるための戦略や技術のことを指します。CRMは主に顧客データの収集、管理、分析に関連しています。

CRMシステムは、顧客情報(氏名、連絡先、購入履歴など)を一元的に集め、それをビジネスチームが共有してアクセスできるようにします。これにより、販売、マーケティング、カスタマーサービスの各部門は、個々の顧客のニーズや嗜好、以前の対話や取引に基づいてパーソナライズされた対応を提供できます。

さらに、CRMは顧客の行動や傾向を分析する機能も備えており、これにより企業は効果的なマーケティング戦略を立てるための洞察を得たり、販売の機会を見つけたりすることが可能となります。その結果、CRMはクリニックが患者満足度を向上し、売上を増加させ、顧客ロイヤルティを高める重要なツールとなります。

※ビジネスインサイト
ビジネスにおけるインサイトとは、消費者自身が認識していない、あるいは気づいていない動機や行動パターン全体を指します。例えば、買い物のシーンを思い浮かべてみてください。店頭で商品を選ぶ際、購入を決定する理由を具体的に言葉にできることは稀です。この意味を言い換えると、「ビジネスのインサイトとは、消費者が自覚していない行動や意欲を総合的に捉えるものであり、これは、私たちが店で商品を手に取る際に、何が購入決定の背後にあるかを完全に説明できない事例を含みます」となります。

院内待ち時間の短縮による再受診率の向上

クリニックにとって、患者の待ち時間を最小限にすることは、サービスの質と効率性を向上させ、同時に再受診率を増加させる重要な要素です。時短=品質低下ではなく、時短は患者にとってはメリットが多くあります。

長い待ち時間は患者のストレスを増加させ、満足度を低下させます。これは特に、予約時間を過ぎても診察を待っている患者にとっては適用されます。また、長時間待たされると、患者はその時間を他の重要な活動や義務に充てられると感じ、将来的な予約を避ける可能性があります。

これに対して、院内待ち時間の短縮は患者体験を改善し、再受診率を向上させます。待ち時間が少ない医療機関は、患者にとって魅力的な選択肢となり、次回の診察も同じ場所を選ぶ可能性が高まります。

待ち時間の短縮は、予約システムの改善、スタッフのスケジュール管理の最適化、診療フローの効率化など、多くの戦略を通じて達成できます。具体的には、デジタル化された予約システムは、予約の管理を容易にし、予約の適応能力と精度を高めます。スタッフのスケジューリングは、医療提供者が適切な時間に適切な場所にいることを確認し、患者の待ち時間を短縮します。

また、診察や検査フローの効率化は、患者が必要なサービスを迅速に受けることができるようにします。診療室の配置、医療スタッフの連携、機器や資源の利用の効率化などが考慮されます。

院内待ち時間の短縮は、医療機関が患者に提供するサービスの質を高め、その結果として再受診率を向上させます。これは医療機関の競争力を高め、その成功に寄与する重要な戦略となります。

Other Business

その他事業内容

▶事務局代行(委託)

詳しくはこちら

▶経営戦略

詳しくはこちら

▶退職連鎖防止

詳しくはこちら

▶新規開設・分院展開

詳しくはこちら

▶集患マーケティング

詳しくはこちら

▶ナンバー2育成・研修

詳しくはこちら

▶事務長代行

詳しくはこちら
株式会社ジムチョー®