BUSINESS

事業内容

▶経営戦略

クリニックにおいて利益を最大化するために必要な運営業務と管理業務の全般が含まれます。開院後のスタッフ管理、集患施策、医薬品や設備の導入や管理、経理業務など、幅広く継続的な業務が求められます。ジムチョーの「クリニック経営事業戦略支援」について具体的に紹介させて頂きます。

1.クリニック経営における経営戦略

クリニック経営における経営戦略は、競争力を維持・向上させるための計画的な取り組みを指します。具体的には、クリニックの特色や強みを明確にし、それに基づいた独自のブランディングを行うことが重要です。

また、ターゲットとなる患者さんのニーズを把握し、それに合わせた医療サービスや接遇の提供も重要となります。効果的なマーケティングと並行して効果測定を行うことで、変化や実態に合わせて最適な集患が可能となります。さらに、医療現場における新しい技術の導入は、経営効率化の取り組みも重要な要素です。

これらの取り組みにより、競争優位性を確保し、経営の安定性と利益の確保を目指すことが、クリニック経営における経営戦略の重要な目的となります。ただし、クリニックの経営戦略は常に変化する為、情勢や市場環境に合わせて柔軟に対応する必要があり、戦略の見直しを常に意識して修正する事が成功のカギとなります。

2.スタッフ採用・労務管理に関する戦略

クリニック経営におけるスタッフ採用・労務管理の戦略は、スタッフを採用・定着させることにあります。まず、採用したいスタッフを設定して、そのスタッフに魅力的な待遇を提示することが重要です。例えば、賞与や昇給、福利厚生の充実、入職後のキャリアメージ、ワークライフバランスの配慮などがあります。また、求人広告を効果的に出稿し、Web面接や選考のスピード感を高めることでエンゲージメントを高める事ができます。

スタッフを採用した後も、適切な教育・研修を行うことでスキルアップを促進でき、やりがいが向上し定着へとつながります。さらに、定期的なフィードバックやスタッフの声を聞く場を設けることで、ストレスの軽減やモチベーションの維持にも良い影響を与えます。

労務管理においては、理想の組織風土へ導く為の整備やコミュニケーションの改善が大切です。具体的には、院長を含めスタッフ同士のコミュニケーションを促進する社内イベントの開催、ストレスチェックの実施、健康管理などが挙げられます。これらの取り組みにより、スタッフの離職率を低減し、クリニックの安定的な運営につなげることができます。

3.コンサルタントとの連携による経営支援

クリニック経営において、コンサルタントとの連携は大きなメリットがあります。コンサルタントは、多数の医療機関やクリニックを支援してきた経験と知見を持っており、その知識を活用することで、クリニック経営の課題解決や業務改善を支援してくれます。転ばぬ先の杖を得ると言っても過言ではありません。

コンサルタントとの連携の具体例として、クリニックの業務や経営状況を分析し、問題点を特定することができます。そして、コンサルタントが提供する適切なアドバイスや戦略をクリニック側が実践することで、業務の効率化や経営の改善を実現することができます。

さらに、ジムチョーのコンサルタントは、スタッフの採用や労務管理のノウハウが豊富であり、人事支援を最も得意としております。求人広告の作成や選考方法の改善、雇用契約の作成など、スタッフ採用に関するアドバイスや支援を提供してくれます。加えて、労務管理に関しても、法的な観点から労働環境の整備や人事制度の構築、賃金設定の見直しなど、的確なアドバイスを提供してくれます。

以上のように、コンサルタントとの連携によって、クリニック経営において様々な課題や問題に対応することができます。クリニック経営者は、コンサルタントの支援を積極的に取り入れ、経営の改善につなげることが大切です。

4.患者対応と院内環境づくりの事業戦略

患者対応と院内環境づくりの事業戦略は、クリニックのブランディングや患者の満足度向上につながります。具体的には、以下のような施策が考えられます。

まず、患者対応については、スタッフのトレーニングを行わずして実現できません。患者に対するコミュニケーションの基本を身につけたスタッフがいれば、患者からの信頼や評価を得ることができます。また、待ち時間の短縮や、適切な診療により、患者にとってストレスのないクリニックを整備することが大切です。

次に、院内環境づくりについては、清潔感のある施設や、患者が安心して受診できる診療空間を提供することが求められます。また、施設内の設備や機器を最新化することで、より高度な医療を提供することができます。

さらに、患者満足度向上のためには、患者アンケートの実施や、フィードバックを元にした改善策の検討も重要です。患者の声を直接聞くことで、患者目線でのクリニックの課題を把握し、改善につなげることができます。以上のような施策を実施することで、クリニックの信頼性や評価を高め、患者数の拡大や、リピート率の向上につなげることができます。

5.事務業務の代行による経営効率化

クリニックにおいて、事務業務は非常に重要な役割を果たしますが、医師や看護師が行うべき医療業務に時間を割くことができなくなってしまうことがあります。このような場合、事務業務のアウトソーシング(外部委託)することで、医療業務に専念することができるため、経営効率化が期待できます。

代表的な事務業務としては、各種申請や届出、更新手続き、申し込みなどの書面作成、契約書作成、経理事務など、更には電話対応、予約管理、問診、同意書締結などの対応も、自動化が進んでおり普及が加速しております。

これらの業務は外部に依頼することで、クリニックのスタッフが医療業務に専念することができます。また、代行会社は業務に特化しているため、迅速・正確な対応が期待できます。

ただし、業務の委託先を選定する際には、信頼性や実績などをしっかりと確認する必要があります。また、業務の委託にあたっては、情報管理の面で十分な注意が必要です。

ジムチョーの「クリニック経営事業戦略」では、クリニックの経営課題の解決を行い、収益改善や効率化を実現するためのコンサルティングを提供しています。経営戦略策定や人事・採用、労務管理、集患支援、システム導入など、豊富な経験と実績を持つコンサルタントが、クライアントのニーズに合わせた最適な支援を提供いたします。医業のトレンドや法律に精通し、開業医兼経営者である院長のクリニック経営の強力なパートナーとして共に成長することを目指しています。

経営戦略の策定方法と成功事例

経営戦略の策定方法には、SWOT分析、ポーターの競争戦略、バリューチェーン分析などがあります。SWOT分析は、自社の強み・弱みと機会・脅威を洗い出し、ポーターの競争戦略は、競合他社との差別化による競争優位性の確保を目指す戦略です。バリューチェーン分析は、自社が提供する製品やサービスの価値を高めるために、供給チェーン上の各プロセスを分析し改善点を見つける分析方法です。有名企業の成功事例としては、アップル社が独自の製品開発と差別化戦略を実行し、グローバル市場で圧倒的なシェアを獲得した例があります。また、トヨタ自動車が、生産プロセスの改善と顧客ニーズに合わせた商品開発に注力することで、企業価値を高めた成功事例もあります。

事務長代行サービスの活用のメリットと注意点

事務長代行サービスのメリットは、経験豊富な専門家が事務業務を代行してくれることにあります。それにより、医療機関の経営者は事務業務に時間を取られることなく、より本来の業務に集中できます。また、事務長代行サービスは、経理や人事などの業務にも精通しているため、経営の視点からのアドバイスも期待できます。一方、注意点としては、信頼できる事務長代行サービスを選ぶことが重要です。また、代行する業務範囲や料金体系についても事前に確認しておくことが必要です。

スタッフ採用の成功のポイントと労務管理の改善策

スタッフ採用の成功のポイントは、求める人物像を明確にし、採用基準を設けることです。また、選考においては、面接や実務テストなど、複数の手段を用いて判断することが重要です。労務管理の改善策としては、従業員のモチベーション向上のための研修や福利厚生の充実、労働環境の整備、コミュニケーションの改善などが挙げられます。また、従業員の声に耳を傾け、改善点を取り入れることも重要です。これらのポイントを踏まえた採用と労務管理の改善により、スタッフの定着率が向上し、クリニックの経営にとって大きなメリットとなります。

患者さんとのコミュニケーションと院内環境改善の積極的なアイデア出し

患者さんとのコミュニケーションを深めるためには、医療以外の部分でのサービスの向上が重要です。例えば、待ち時間の短縮や待ち時間中のエンターテインメントの提供、カウンセリングルームの設置、待合室の快適性の向上などが考えられます。また、院内環境の改善については、清潔感のある施設や照明や音響などの工夫、植物の配置などを検討することで、患者さんがリラックスしやすい環境を作り出すことができます。これらの取り組みによって、患者さんとのコミュニケーションの質を向上させることができ、定期的な来院率や口コミによる集患にも繋がるでしょう。

コンサルタントとの提携方法と事例紹介

コンサルタントとの提携方法は、まず自社の経営課題を明確にし、それに合ったコンサルタントを選定することが大切です。その後、契約内容や期間、報酬などを明確にして、プロジェクトを進めていく必要があります。また、定期的に進捗報告や振り返りを行い、改善点を見つけていくことも重要です。

コンサルタントとの提携に成功した事例としては、ある医療機関が、経営課題であった集患対策をコンサルタントと提携して解決した例があります。コンサルタントとの協力により、患者の利便性を高めたウェブサイトのリニューアルや、オンライン予約システムの導入などを行い、集患に成功しました。また、院内環境の改善や医療スタッフの働き方改革なども行い、医療機関のブランド力の向上にもつながりました。

Other Business

その他事業内容

▶事務局代行(委託)

詳しくはこちら

▶経営戦略

詳しくはこちら

▶退職連鎖防止

詳しくはこちら

▶新規開設・分院展開

詳しくはこちら

▶集患マーケティング

詳しくはこちら

▶ナンバー2育成・研修

詳しくはこちら

▶事務長代行

詳しくはこちら
株式会社ジムチョー®