BUSINESS

事業内容

▶退職連鎖防止

スタッフの退職が連続して発生する状況を防止するための施策と、優秀なスタッフが辞めない仕組みをつくる為の「定着戦略」を提供するのが私たちのコンサルティングサービスの一部です。更に、理念に共感したスタッフの採用代行も支援させて頂くとともに、事務長代行としての業務サポートも行います。

優秀なスタッフの離職が続く事は、組織全体への悪影響にもつながります。これまでの採用や育成にかかった投資の損失、蓄積された経験やノウハウの喪失は、組織の再構築に多大な投資と工夫を要求します。事務長代行として、私たちは組織の運営をサポートし、スムーズな運営を実現します。

スタッフが定着せず、入れ替わりの頻度が増える事でクリニックのオペレーションのレベルは低下し、患者さんへの接遇品質も低下します。結果的に患者さん離れを引き起こし、経営に大きな悪影響を与える可能性があります。この連続する退職を防止することは、人的依存の多いクリニック経営、特に事務長代行が関与する場面において、患者さんを増やす活動と同じ位の、重要度、優先度が高い課題となります。

育成してきた優秀な人材の流出を防ぐ施策は、至ってシンプルです。退職となる原因の分析と、その原因解決の為の有効な改善策を予め講じる事です。連鎖退職防止コンサルティングでは、実際にコンサルタントがクリニックに訪問をさせて頂き、スタッフ面談を行って退職となる原因の分析から行います。原因と解決の為の施策を提案を行うだけでなく、日ごろのスタッフのモチベーショや向上の為の効果的な施策案も致します。事務長代行としての視点からも、組織の運営やスタッフのモチベーション向上に関する提案を行います。

連鎖退職の原因と対策

「連鎖退職」とは、クリニック内の一部のスタッフが退職した事をきっかけに、その退職をトリガーとして、別のスタッフの退職につながり、結果として職種に関係なく多数のスタッフが立て続けに退職してしまう現象です。主な原因は、給与や福利厚生、労働環境、人間関係である事は容易に想像できます。しかし、この現象を防ぐための具体的な施策はあまり知られておらず、定着の為の施策を予め行わないクリニック様を多く見受けられます。日ごろからスタッフの意見や要望を見える化することで、対策や改善に努めることが可能となります。離職が少なく定着率の高いクリニック環境では、管理側がスタッフに対して「監視」をするのではなく「対話」を行って近況を把握している事が多いです。

また、給与や福利厚生を見直し、働きやすい環境を整えることに多くの時間を使っております。スタッフが、自分たちの意見が反映されていることを実感することで、組織への忠誠心が高まり、クリニックへの帰属意識が高まります。改善意識が積極的に芽生える事でモチベーションの維持・向上にもつながります。優秀なスタッフを1人でも多くクリニック組織に増やすには、スタッフ1人1人のキャリアアップの提供も必要不可欠です。目先の業務に必要なスキルの習得ばかりを押し付けるのではなく、スタッフ個々に合わせた成長を支援することも重要となります。

定着戦略が重要な理由

優秀なスタッフを確保し育成していくためには、定着戦略も合わせて必要不可欠となります。スタッフの定着戦略には、クリニック理念に共感をした優秀なスタッフが長期的に働くことを促し、離職率を低く抑えることを目的としています。優秀なスタッフが継続的に働くことで、クリニックが提供をする医療サービスの品質は高まり、増患に直結します。定着戦略を実施することで、スタッフのモチベーション向上、キャリアアップの機会を提供することもできます。また、優秀なスタッフが長期的に働くことで、採用や育成コストの削減、定着による継続的な業務継承が可能となり、業務のレベルが飛躍的に向上するだけでなく、患者さんへの対応にも余裕がうまれる為、接遇向上にもつながります。定着戦略には、定期的な評価やフィードバック、キャリアアップの支援、教育研修、福利厚生の充実、ワークライフバランス改善など、豊富な取り組みがあります。院長先生または管理者は、スタッフのニーズや要望を把握し、柔軟に対応することが求められます。

業務内容と業務環境のストレス負荷

クリニックで働くスタッフは、短時間で数多くの患者さんと直接対面をして、業務を進行する作業環境である事が多いです。予約や待ち時間のタイムマネジメントから、算定、会計などの金銭のやりとり、最新のIT機器操作、健康や命に関わる処置や薬剤の取り扱いなど、幅が広いだけでなく、専門性を必要とする業務も豊富に担当します。業務内容や環境だけでなく、患者さんからのクレーム対応、職場内での連携コミュニケーションにも神経を配るため、一定のストレス負荷があります。これらのストレス負荷は、スタッフの健康や生産性に大きな影響を与える離職の要因となりやすい為、適切な対策が必要となります。

スタッフのモチベーション維持と向上施策の具体例

スタッフのモチベーションを維持・向上するには、予め、緻密で適切な施策が必要です。最も採用さている制度に、スタッフのスキルアップのための研修制度の充実があります。また、スタッフの声を聞き、改善に取り組む風土を整備することも重要です。ワークライフバランスの確保や、福利厚生制度の充実もスタッフのモチベーション維持につながります。さらに、業務達成感を高めるために、目標管理システムの導入や業務の改善を促すシステムの構築も効果的です。定期的なフィードバックや、スタッフ同士のコミュニケーションの活性化もモチベーション維持に役立ちます。これらの施策を実践することで、スタッフのモチベーションを向上させ、より良い医療サービスの提供につなげることができます。

スタッフの不満と問題を解決する方法

スタッフの不満や問題は、定期的なフィードバックやアンケート調査で把握し、具体的な改善策を考えることが重要です。その際には、スタッフによるアイデアを取り入れたり、院長先生や管理職が適切にフォローすることが大切です。また、トラブルが発生した場合には、事実確認を行い、当事者同士で話し合いをすることも必要です。さらに、スタッフの成長やキャリアアップを支援することも重要です。教育研修やキャリアアップの機会を提供することで、スタッフのモチベーションが向上し、定着率の向上につながります。全体的に、スタッフとのコミュニケーションを密にし、改善点や課題を共有することが、スタッフの不満や問題を解決するために欠かせないポイントとなります。

スタッフ別に対策が必要な理由

スタッフ個々に合わせたキャリアアップの希望、仕事内容や業務環境に合わない要因など、定着に影響する要因は人それぞれ異なります。そのため、従業員個人に合わせた定着施策が必要となります。また、従業員個人が定着できない場合、継続的な人材採用や教育研修などのコストがかかり、経営的にも大きな負担となります。そのため、従業員個別の状況や要望を把握し、それに基づく定着施策を実施することが、人材確保と定着のために必要不可欠と言えます。

退職理由の本音と建前

<表向きな理由>
・キャリアチェンジしたい
– 家庭の事情による退職
– 健康上の理由
– 制度・福利厚生の不満

<本質的な理由>
– 待遇・給与面の不満
– 業務内容への不満
– 人間関係の問題
– 業務の過剰な負担やストレス
– キャリアアップの機会の欠如

具体的な退職防止の施策例

クリニックスタッフの退職原因【5大理由】

1. 業務量が多い
対策方法:
タスクの優先順位を明確にし、必要な場合は業務の再分配を検討する。
効率的な業務の進め方やツールの導入を検討する。
定期的な業務の見直しを行い、無駄な業務を削減する。

2. 人間関係(特に上司や院長との関係)
対策方法:
コミュニケーションの機会を増やし、相互理解を深める。
第三者えお交えて、問題点や改善策を話し合う。
チームビルディングや研修を通じて、共通課題の改善を行う。

3. ライフスタイルの変化
対策方法:
フレックスタイム制度やリモートワークの導入を検討する。
育児や介護などのライフイベントに対応した休暇制度を提供する。
個人のライフスタイルに合わせた働き方を提案する。

4. 成長できない環境
対策方法:
定期的なキャリアカウンセリングやスキルアップの機会を提供する。
社内研修や外部研修の機会を増やして成長の機会を与える。
成果を評価し、適切な報酬や昇進の機会を提供する。

5. 自分の将来が見えない
対策方法:
中長期的なキャリアプランを共有し、目標設定のサポートを行う。
社員の意見や希望を定期的にヒアリングし、組織のビジョンや方針を共有する。
成果に応じたキャリアアップの道を明確にする。

Other Business

その他事業内容

▶事務局代行(委託)

詳しくはこちら

▶経営戦略

詳しくはこちら

▶退職連鎖防止

詳しくはこちら

▶新規開設・分院展開

詳しくはこちら

▶集患マーケティング

詳しくはこちら

▶ナンバー2育成・研修

詳しくはこちら

▶事務長代行

詳しくはこちら
株式会社ジムチョー®