BUSINESS

事業内容

▶事務局代行(委託)

クリニック経営において「事務局機能」の役割は軽視できない現状があります。

超採用難時代において、他院と同じ人事採用手法ではいつまでたっても定着できる人材の確保は極めて難しいといえます。加えて、現場に合わないITツール導入やDXを強行したり、既存スタッフに慣れない業務の指示をする事で、スタッフから院長への不満は増加の一途をたどり、続々と離職者が増えるクリニックも少なくありません。

 

漠然とした戦略での経営数値管理では、何にどれくらい投資をして良いか解らず、多くのコストを生むことになります。更には、日々の多忙な外来診療などの患者対応に加えて、各業者との対応、付け焼き刃的な集患マーケティングでは、思った成果はでません。昔から「餅は餅屋」と言う様に、その道のプロに委託する事で、院長のストレス負荷は相当軽減できます。

弊社の事務局代行サービス「remoto JIMU-KYOKU™」では、事務局業務(クリニックのバックオフィスタスク)では、上記の人事、経理、集患マーケティングに加えて、マニュアル作成、広報活動、各種届出や制作物など、クリニックバックオフィスのプロ集団がチームで対応しますので、非常に幅広いクリニック事務タスクに対応が可能です。

事務局機能をいかに低コストで効率よく運営できる事で、快適で高利益体質のクリニックをお手伝いいたします!

弊社の事務代行サービスを活用することで、院長は日常の煩雑な作業から解放されるだけでなく、より価値の高い医療業務に集中できます。バーチャルアシスタントを介したアウトソーシング、特にリモートワークが普及している現在では、あらゆるスキル人材がリモートによる活躍の場を求めている事もあり広く普及しはじめおります。

事務業務代行は、電話応対、メール管理、データ入力など、多岐にわたる業務をカバーします。これにより、スタッフは本来の業務に専念でき、企業の生産性が飛躍的に向上します。リモートサポートと組み合わせることで、場所を選ばずに柔軟なサポートが提供できます。

時短事務作業は、締め切りの厳しいプロジェクトや急な業務の増加に対応する際にも有効です。オフィスサポートとクリニック経営サポートをアウトソーシングすることで、日々のオフィス運営がスムーズになり、従業員の働きやすさが向上します。

さらに、管理業務代行を導入することで、経理や人事、経営管理などの専門分野も効率的に管理できるようになります。経営陣は戦略的な意思決定に集中でき、企業の成長を加速させることが可能です。

様々ある「事務業務のアウトソーシング会社」の違い

・事務代行サービス
・バーチャルアシスタント
・アウトソーシング
・事務業務代行
・リモートサポート
・オフィスサポート
・ビジネスサポート
・管理業務代行
・採用代行サービス
などなど

そもそも、一般企業の事務仕事とクリニックの事務仕事では、一見同じ事務仕事に思われがちですが、実は内容が全く異なります。
人事採用事務を例にとっても、クリニックで働く医師や看護師人材の採用代行事務では、採用する職種の理解と各種書類の理解も必要となります。加え、働く診療科目の理解、クリニック風土の理解なども求められます。適切な人材を見つけるためのには、実際にクリニックでの勤務経験者が早いといえます。人材獲得の為の実務経験と戦略が必要不可欠となります。

事務業務アウトソーシングは、クリニック経営の効率化、コスト削減、そして戦略的な業務への集中を可能にします。事務業務アウトソーシングは、現代のクリニック経営環境において重要な役割を果たしています。この戦略を採用することで、クリニック経営には以下のような多くのメリットをもたらせてくれます。
まず、事務代行サービスを利用することで、日常の繁雑なタスクから解放されます。これにより、医師である院長ははコア業務に集中できるため、クリニック全体の生産性を向上させる事ができます。また、バーチャルアシスタントを活用することで、リモートでのサポートも可能となりますので、作業スペースやOA機器などの機材の確保も必要なく低コストで、事務タスクを処理できます。

アウトソーシングを通じて、業務代行やオフィスサポートを外部の専門家に委託することも可能です。これは、特にクリニックにとって、専門知識を持つスタッフを雇用するコストを削減する効果的な方法です。さらに、時短事務作業を実施することで、効率的に業務を進めることができます。管理業務代行は、経理や人事などのバックオフィス業務の効率化を実現します。これにより、経営者は戦略的な意思決定により多くの時間を割くことができます。また、採用代行サービスを利用することで、適切な人材の採用プロセスを効率化し、企業の人的資源の質を高めることができます。これらのサービスを組み合わせることで、企業はコスト削減、効率化、そして競争力の向上を図ることができます。特に変化が激しい現代のクリニック経営環境においては、これらのサービスの利用が非常に重要です。

クリニック経営環境において、事務業務アウトソーシングは経営の革新をもたらします。事務代行サービスやバーチャルアシスタントの活用により、日々の事務作業を効率化し、企業の生産性を高めることができます。アウトソーシングは、専門スキルを必要とする業務を外部に委託することで、コスト削減とクリニック経営の柔軟性を実現します。
リモートサポートと時短事務作業は、働き方の多様化を促進し、労働環境の改善に寄与しますので、育休や時短のスタッフの在宅による事務仕事のリモート可にも役立ちます。オフィスサポートやクリニック経営サポートを通じて、日常の運営をスムーズにし、経営陣は戦略的な業務に集中できます。このように、事務業務アウトソーシングは、現代クリニック経営における成長と競争力の鍵です。経営者はこれらのサービスを活用することで、企業の持続可能な発展を実現し、新たな価値を創出することが可能となります。

株式会社ジムチョーの考える「クリニックに特化した事務代行サービス」

クリニックで発生する様々な「事務仕事」をワンストップで解決できるサービス、その名も「リモートジムキョク」!
超採用難突入の令和時代に、「事務委託」という提案!クリニック経営環境の急速な変化の中で、バックオフィス業務をアウトソーシングできる「事務代行サービス」の重要性が高まっています。特に、バーチャルアシスタントやアウトソーシングといった、クリニック事務仕事の外部委託業務効率化はクリニック経営の負担を大幅に減らす事ができます。事務業務代行は、院長や医師にとって時間とコストの削減を実現し、診療へ専念しやすい環境をもたらせてくれます。

クリニックバックオフィス業務(事務業務)の効率化

事務業務のリモートサポートで、クリニック内の事務作業は時短が可能となります。働き方の多様化を促進し、オフィスサポートやビジネスサポートを通じて、スタッフの採用難にも対応ができます。クリニック経営を低コストで効率よく経営を持続させる為にも、事務業務や事務管理業務を外部委託という選択が注目されています。
院長が自ら事務仕事と診察を行い続けている現状では、日々の煩雑な業務からは解放されません。経営陣が戦略的に業務に集中できる環境を確保し、本来優先すべき重要な領域の業務に専念する事で、無理のないクリニック経営ができます。

事務代行サービスを利用するメリット

バーチャルアシスタントの活用法、アウトソーシングの効果的な戦略などについて各サービス活用のメリットとしては、以下となります。

事務代行サービスのメリット:業務の効率化、専門スキルを持つスタッフの利用、コスト削減。

バーチャルアシスタントのメリット: 柔軟な働き方のサポート、時間と場所の制約が少ない、生産性の向上。

アウトソーシングのメリット: コア業務に集中できる、運営コストの削減、リスク分散。

事務業務代行のメリット: 日常の煩雑な事務作業の削減、スタッフの作業負担軽減。

リモートサポートのメリット: 遠隔地から支援が可能な為、省スペース、低コストが可能。

時短事務作業のメリット: 効率的な作業手法、業務の迅速化、ストレス軽減。

オフィスサポートのメリット: オフィス運営のスムーズ化、スタッフの快適な作業環境提供。

ビジネスサポートのメリット: 事業の成長支援、戦略的な意思決定の支援、ビジネスプロセスの最適化。

管理業務代行のメリット: 管理業務のプロフェッショナルによる品質向上、経営資源の有効活用、コンプライアンスリスクの低減。

採用代行のメリット: 採用プロセスの効率化、優秀な人材の確保、採用コストの削減。

詳細はコチラ→remoto JIMU-KYOKU

Other Business

その他事業内容

▶事務局代行(委託)

詳しくはこちら

▶経営戦略

詳しくはこちら

▶退職連鎖防止

詳しくはこちら

▶新規開設・分院展開

詳しくはこちら

▶集患マーケティング

詳しくはこちら

▶ナンバー2育成・研修

詳しくはこちら

▶事務長代行

詳しくはこちら
株式会社ジムチョー®